マッサージのおかげで、身も心も軽く

あの頃の私は身も心も本当に疲れきっていました。
疲れていることが日常化してしまい、それと気付かないほどでした。
バスで座っても、目を開けているのが辛くて本を読むことができない、寝不足ではないはずなのに何故?と不思議に思っていました。
緩い坂道で、他の人はどんどん前へ進んで行く、私よりずっと年配の人も、なのに私だけ中々身体が前へ進まずどんどん取り残されていっていました。
そんなある日、腰が痛くて伸びなくなってしまいました。
そこで、職場の方が紹介してくださりマッサージを受けることになりました。
マッサージの先生は私を見た途端に、身体のゆがみ、胸にコリの塊ができているから呼吸が苦しいはず、心臓が悪くなってるなど指摘されました。
そして「痛みや身体の辛さで夜眠れなかったり、朝起きられない事があるでしょう?」と言われました。
眠れないとか起きられないとか、自分では意識していなかったので”そんなことないけどな・・”と思っていました。
その後のマッサージ中も身体のことについて色々お話くださいました。
イライラしてしまうことが多かったり、考えがまとまらず気持ちが沈んだりしてしまっていたのですが、コリの場所から自律神経の疲れを指摘されました。
1回目の施術で、一番辛いだろうからと胸のコリをとっていただきました。
実は胸の痛み、呼吸が困難で息苦しいなどで眠り続けることができず、度々目が覚めていました。
そのことに気付いたのは、施術二日後、朝まで目覚めることなく眠ることができたときでした。
胸の痛みに加えて、身体も痛くて、横になっているのが辛くて目覚めることもありましたが、それも無く眠り続けていました。
眠れてないことに気付かないほどがむしゃらに仕事や家事をこなしてしまっていたのです。
心臓の痛みも軽くなりました。
イライラや気の沈みも、自律神経が疲れていると言われれば、自分がダメな人間だったわけではないんだ、と自身を労わってやる気持ちになれました。
おかげで、身も心も随分軽くなりました。

出張マッサージなら品川が便利です